2010年02月01日

文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練(産経新聞)

 「文化財防火デー」の26日、61年前に金堂壁画が焼損し、防火デー制定のきっかけとなった奈良県斑鳩(いかるが)町の法隆寺で防火訓練があり、消防や寺関係者らが貴重な文化財保護の誓いを新たにした。

 法隆寺では昭和24年のこの日、金堂(国宝)が火災に遭い、貴重な壁画が焼けた。寺では毎年、法要を営み、訓練も行われている。

 この日、再現された壁画がある金堂と、焼損当時の壁画や焦げた柱が保存されている収蔵庫で法要が営まれ、僧侶らが読経した。

 このあと、境内で地元の消防組織が防火訓練を実施、緊迫した雰囲気のなか鏡池に向かって一斉に放水した。

大阪の消防士、酔って地下鉄運転士殴る(読売新聞)
<大逆事件>管野スガの書簡見つかる 幸徳秋水の無罪訴え(毎日新聞)
亀井氏、夫婦別姓法案に反対を表明(産経新聞)
名護市長選 稲嶺氏初当選 移設反対派が勝利 鳩山政権、代替案急務に(産経新聞)
日本の漁船銃撃、ロシア国境警備隊が認める(読売新聞)
posted by ノガミ ミキオ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都市バスが電柱に衝突 乗客ら9人軽傷(産経新聞)

 25日午後4時20分ごろ、京都市中京区樋之口町の市道三差路付近で、京都市バスが電柱に衝突。乗客の男女7人と通行中の女性(32)の計8人が胸を打つなどの軽傷を負った。五条署によると、市バスの運転手(37)は「対向車線の車に気をとられていた」と話しているといい、詳しい事故原因を調べている。

 五条署によると、現場は片側1車線のほぼ直線道路。運転手は、対向車線の乗用車がセンターライン付近に止まっていたのを避けようとしてハンドル操作を誤ったと説明しているという。バスには当時、12人が乗車していた。

 現場は住宅や商店などが立ち並ぶ京都の中心地。近くに住む居酒屋店経営、竹村佳子さん(44)は「ドーンと地響きがするような音がした。帰ってきた直後で、あと数分遅かったらと思うと怖い」と話していた。

【関連記事】
折れた電柱がワゴン車直撃、運転男性がけが 
電柱倒れ電機工事会社の男性死亡 松本市
電柱に衝突、2人死亡 鳥取県米子市
酔って自転車ごと電柱に衝突? さいたま市で男性重傷
パトカー追跡中に車が電柱衝突、男性3人重傷 熊本

普天間移設、硫黄島案取り下げ=社民(時事通信)
新幹線ストップ 暑くて下着姿になった人も(産経新聞)
小学英語、楽しさ大切に=「無免許」授業に不安も−教研集会(時事通信)
2次補正、参院で審議入りへ=予算委(時事通信)
市川海老蔵さん 小林麻央さんとの婚約で会見 挙式は7月(毎日新聞)
posted by ノガミ ミキオ at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。