2010年06月19日

元日大生、二審も無期=親子強盗殺人―東京高裁(時事通信)

 東京都杉並区で野元富恵さん=当時(86)=親子を殺害し現金を奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われ、一審で無期懲役とされた元日大生志村裕史被告(25)の控訴審判決が17日、東京高裁であり、小西秀宣裁判長は検察側、弁護側双方の控訴を棄却した。検察側は一審に続いて死刑を求めていた。
 一審東京地裁は昨年7月、殺害に計画性が乏しく、被告の年齢が若いことなどを挙げ、「改善更生の可能性がないとはいえず、死刑がやむを得ないとまではいえない」として、無期懲役を言い渡した。
 控訴審で検察側は「冷酷非情な犯行で、遺族の処罰感情も厳しい」と指摘。死刑を回避すべき事情はないとして、一審判決の破棄を求めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から自作機関銃まで〜
質店強盗容疑で男逮捕=「宿代なく困る」
連続女性暴行の男に懲役30年=「再犯の可能性」指摘
日本人カメラマンが強盗被害=初戦取材直後、路上で

総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 「日本人になりすませ」 文科省への電話指示、ノルマも(産経新聞)
塩酸をかぶり5人重傷 千葉県市原市の化学会社(産経新聞)
<口蹄疫>菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
<宇宙ヨット>「イカロス」帆を広げる…金星に向かって飛行(毎日新聞)
“幸せ”の青い卵、“安心”の茶色い卵(産経新聞)
posted by ノガミ ミキオ at 08:25| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

パンダ 借受期限を5年間延長 神戸市立王子動物園(毎日新聞)

 神戸市は、中国からの借受期限が7月に迫っている市立王子動物園(同市灘区)のジャイアントパンダ2頭について、借受期限を5年間延長することで中国側と大筋合意した。9日に中国で調印式を行う。市によると、延長に伴い中国側に支払うパンダ保護活動の支援費は、現在の年100万ドル(約9200万円)から半額の同50万ドル(約4600万円)に引き下げられるという。

【写真特集】毎日動物園:パンダそっくりのうさぎや本物も

 矢田立郎市長が7日、記者会見で明らかにした。

 神戸市のパンダは、阪神大震災(95年)で気持ちが傷ついた子どもたちを励まそうと、日中共同による飼育繁殖研究を目的に00年、雄の興興(コウコウ)と雌の旦旦(タンタン)の2頭を10年契約で借り受けた。初代のコウコウは02年に中国に戻り、現在は2代目。

 2頭は現在14歳で、人工授精による繁殖に取り組んでいる。08年8月、国内で20年ぶりとなる人工授精での出産に成功したが、赤ちゃんは生後3日で死んでしまった。

 保護活動の支援費は、神戸市が財政難などを理由に中国側に「値下げ」を交渉したという。7日午後、石井陽一副市長が訪中して最終協議する。【吉川雄策】

【関連ニュース】
<関連記事>タイ:パンダVSゾウ どっちが人気者? パンダ柄のゾウが整列
<関連記事>パンダをモチーフにしたケーキがお目見え
<関連記事>こちらはパンダ型のロボット
<関連記事>パンダ:来年3月に上野動物園で一般公開 東京都が見通し
<関連記事>ジャイアントパンダ:東京・上野に来春にも 中国からつがい1組

小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(上)(医療介護CBニュース)
民主党 主な新役員の会見要旨 枝野幹事長(毎日新聞)
口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)
生体認証システムなど見直し=法務省事業仕分け(時事通信)
薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)
posted by ノガミ ミキオ at 11:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。