2010年04月08日

<博報賞>推薦受け付け開始(毎日新聞)

 財団法人博報児童教育振興会は1日、小中学生の人間性育成に貢献している学校や団体、教師らを顕彰する「博報賞」の推薦受け付けを始めた。募集は、国語・日本語教育▽特別支援教育▽日本文化理解教育▽国際文化理解教育▽教育活性化−−の5部門。締め切りは5月31日。受賞者は9月下旬に発表する。受賞者には賞状、賞金100万円が贈られる。問い合わせは同振興会(03・5570・5008)。

【関連ニュース】
りん青銅製の看板:奈良朱雀高3年生5人、力作を県教委へプレゼント /奈良
ひょうご東西南北:発達障害テーマに講演会−−18日、豊岡 /兵庫
ルポ歩く:発達障害者県内の現状 「社会での居場所を」 /山口
人事:都教職員(その1) 1万3038人異動 /東京
人事:県教委異動 /長崎

奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
将棋 三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
新党結成へ「5人確保」=関係者(時事通信)
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら−リクルート事件江副氏も・日弁連集会(時事通信)
首相動静(4月2日)(時事通信)
posted by ノガミ ミキオ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

「及第点いただきたい」就任1年前に森田知事(読売新聞)

 就任1年を前に、森田千葉県知事がインタビューに応じ、移動交番や子ども医療費助成の拡大などの実績を強調した。

 ――1年の感想を

 「考えていたことを一つずつぴちっと決めた。振り返ると早かった」

 ――自身の評価は

 「及第点はいただけるのではないか。いただきたいと思っている」

 ――リーダーシップを発揮できたことは

 「北総線の値下げ合意。前原(国土交通相)さんが提案を出してくれたのだから、これに乗って、まずは切り崩すぞと、県職員に言ったら、それで一丸となった。これがチームスピリットだ」

 ――公約に掲げた治安担当副知事の導入は

 「3人目は条例を変えなくてはいけない。2人の副知事が優秀なので、もういいと思っている」

 ――自らの政治資金問題への対応については

 「選挙が終わってガチャガチャやっていて、東京湾アクアライン(の値下げ)も進めていたから、訳が分からないところもあった。でも、ちゃんとなっている」

 ――今年秋に公表される政治資金収支報告書では、クリアになっているのか

 「もちろん適切だ」

 ――新年度以降の課題は

 「子ども医療費助成を任期内に中学3年までに拡大したい。移動交番も結果がでてくる。結果をみて増強も考えたい」

 ――成田空港周辺でのカジノ構想を打ち上げた

 「雇用、経済活性化、羽田空港との差別化が必要。表明したことで、政財界や地元の反応を聞きたい」

小沢氏 共同資産不記載 資産公開制度に冷や水 「ルール改正必要」声も(産経新聞)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
博多駅、特急1日200本超!“3階建て”から“愛称なし”まで(産経新聞)
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内(毎日新聞)
新園長はウミガメ博士 須磨水族園 予備校講師から転身(産経新聞)
posted by ノガミ ミキオ at 04:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

日医会長に親民主・原中氏 自民候補の推薦撤回、焦点(産経新聞)

 日本医師会(日医)の会長選挙が1日、行われ、親民主党の茨城県医師会長の原中勝征氏(69)が初当選を果たした。原中氏は記者会見で「民主党に対し、現場からしっかりと意見を言っていきたい」と述べ、民主党との関係を強化する考えを表明した。今後は夏の参院選で自民党が公認する組織内候補の西島英利参院議員(61)の推薦を撤回するかどうかが焦点となる。

 代議員の投票結果は、原中氏131票、京都府医師会長の森洋一氏(62)118票、現会長の唐沢祥人氏(67)107票、京都府医師会員の金丸昌弘氏(44)0票だった。

 原中氏は日医で目立った実績はなく、当初は「当選は無理」(幹部)とされてきたが、先の衆院選前から民主党支持を鮮明にしてきたこともあって、小沢一郎民主党幹事長らとの太いパイプを売りに支持を集めた。

 原中陣営幹部は「診療報酬全体の10年ぶり引き上げなど民主党の医療政策が後押しになった」と勝因を分析する。小沢氏は原中氏を「よかったなあ」と祝福したという。

 原中氏は「早急に日本医師連盟(日医の政治団体)の総会を開いて協議する」と述べ、日医を親民主に方針転換させる象徴として西島氏の推薦を見直す考え。

 だが、副会長以下の幹部選挙では、推薦見直しに慎重な唐沢、森両陣営が推薦した候補が当選者の大半を占めており、原中氏の思惑通りになるかどうかは不透明な情勢だ。

 一方、西島氏は、原中氏の新会長選出を受け、「票数から見て全国の代議員が民主党を支持すべきだと判断したかどうかは難しい」と述べ、自民党から出馬する考えを重ねて示した。

学習塾に1億円賠償命令=講師が女児殺害、使用者責任認める−京都地裁(時事通信)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ−鳩山首相(時事通信)
チューリップまた切られる=さらに900本、花博記念公園−大阪(時事通信)
<宇陀市長選>竹内幹郎氏が初当選(毎日新聞)
郵貯限度額、修正可能=仙谷担当相(時事通信)
posted by ノガミ ミキオ at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。